きまぐレター

人生最後のワーホリ中。旅とか暮らしとか、どうでもいいこととか。気まぐれに更新中。

ワーホリで住み込み仕事の探し方

f:id:kimaguletter:20191126152232j:image

 

ブログを見ていただいた方から、Twitterで下記のようにご質問をいただきました!

 

住み込みの仕事は、どうやって見つけましたか?

 

おそらく前回の記事を見てくれたのかなと思います☟

www.kimaguletter.net

 

今回は、私が住み込みの仕事をどうやって探したかを書いておきたいと思います。

 

住み込みということはアコモデーション(泊まる場所)があるということ。

前回記事でも書きましたが、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアとワーホリをしてきた中で、住み込みの仕事ばかりをしてきたのは、仕事と同時に住むところが見つかるというメリットがあるからです。

 

住み込みの仕事が見つかりやすい仕事

ナニー/オーペア(ベビーシッター)

ベビーシッターをする家族の家に一緒に住む形が多いです。

私の過去の経験では、その家族が経営するホテルのスタッフ寮に住むということもありました。

 

家賃は払わずに、おこづかいをもらうという方法がほとんどですね。

お金は貯まりにくいですが、家賃・光熱費を気にしなくていいのはありがたいです。

あと、個室を提供してくれるところが多いです。(ルームシェアは私はきいたことがありません。。)

 

ホテルなどの仕事

ホテルなどの宿泊に関する仕事などは、スタッフ用にアコモデーションがあるところが結構あります。でもほとんどが田舎です。

 

家賃は格安が多いですが、・・・いろんなコンディションのところがあります。

 

  • Wifiがつながりにくい
  • ねずみがでる
  • 狭い部屋で数人でシェア

 

などなど、私の経験からすると、何かしら不都合があることが多かったな~

 

ファーム

ニュージーランドでしか経験していませんが、ファームジョブでもアコモを提供してくれるところはあったりします。

ファーム近くのバックパッカーと提携しているという形も多いかもしれません。

 

こちらも格安ですが、コンディションはいろいろです。

 

 

どうやって見つけたか

 

オーストラリアだと、私は働いた2つの職場はそれぞれ下記のサイトで見つけました。

 

あとは、探しているときは下記のサイトも必須

 

検索のポイント

上記に書いた職種をやりたければ、そこから調べるのが早いと思います。

 

 が、職種に限らずとにかくアコモデーション付きの仕事を探していた時は、下記のワードをGoogleさんで検索したこともありました。

 

“staff accommodation jobs australia” とか。

 

すると、上記で紹介した職種以外にも、田舎だと「アコモあるよ」みたいな求人がたまにあります!

 

ぜひ試してみてください~

 

 

 まとめ

住み込みの仕事は向き不向きがあると思いますが、一度やってしまえば割と慣れます!

だいたいが職場のすぐ近くなので、通勤がらくらく~

 

ホステルなどに泊まることができる人なら、ワーホリならでは(?)の住み込みをやってみるのもおすすめです。

 

参考になればうれしいです。