きまぐレター

人生最後のワーホリ中。旅とか暮らしとか、どうでもいいこととか。気まぐれに更新中。

マライアアイランドとAirbnbでウォンバットづくしの一日!!

f:id:kimaguletter:20190814202104j:plain

 

タスマニア旅行記がまだ終わっていないのに気づけば8月。。

記憶をたどりながら書きます!

 

www.kimaguletter.net

 

ホバートでの4泊が終わり・・・マライアアイランドを訪れました。

 

気軽に行けるような場所ではないからか、あまり有名ではないかもしれませんが、ここはすっごくおすすめです!

 

マライアアイランドの見どころ

歴史を感じる建物が残る無人島

お店も公共の交通機関もない島。

かつて囚人収容のためにできたダーリントンの町の面影がかすかに残る無人島です。

現在は住んでいる人はいないようですが、簡易の宿泊施設があるようです。

忙しい現実から逃れるには最高の場所!

食べ物、水を大量に持ち込んでの長期滞在も憧れます。

 

野生動物の天国

私のお目当てはウォンバット!

最初に見つけたときは興奮して、「今のうちにたくさん写真撮らないと!」と思って夢中になっていました

でも、少し歩けばまたウォンバット!

そこらじゅうにウォンバットを見つけることができるので、焦らなくてもゆっくり写真を撮ることができます。

 

※野生動物なので、追いかけまわしたり触ったりはせずに見守りましょう^^

 

f:id:kimaguletter:20190719073750j:image
f:id:kimaguletter:20190719073739j:image

f:id:kimaguletter:20190719073828j:image

カンガルーやワラビーももちろんいました!

 

タスマニアデビルは残念ながら見つけられませんでしたが、マライアアイランドではデビルの保護活動も行われています。

観れたらラッキーですね!

ペインテッドクリフ(Painted Cliff)

マライアアイランドで有名なスポットのひとつ、ペインテッドクリフ。

 

f:id:kimaguletter:20190719073904j:image

f:id:kimaguletter:20190719074044j:image
f:id:kimaguletter:20190719074033j:image
f:id:kimaguletter:20190719074027j:image
f:id:kimaguletter:20190719074021j:image

ご覧のとおり、描かれたような模様が特徴の崖を見ることができます。

 


f:id:kimaguletter:20190719074038j:image

可能であれば干潮時をねらうとクリフのすぐ下を歩くことができるようです。

私のときはすでに海水が上がってきていたので、下を歩くことはできませんでした。

そのせいか人が少なく、写真撮り放題である意味ラッキー!

 

フォッシルクリフ(Fossil Cliff)

f:id:kimaguletter:20190719074306j:image
f:id:kimaguletter:20190719074300j:image
f:id:kimaguletter:20190719074256j:image
f:id:kimaguletter:20190719074311j:image

別のクリフ。

こちらはまさに断崖絶壁です!写真では伝わりませんが。

かなり高いので万が一落ちたら大けがは免れないでしょう・・・

でも絶景です!

 

冬のマライアアイランド観光のtips

  • 自転車があれば本島からフェリーで運んでくるのがおすすめ
  • 冬のフェリー運航スケジュールに注意
  • 食べ物、飲み物必須
  • 私はお湯をポットに入れていって、インスタントコーヒー飲みました
  • キャンプもいいと思う
  • 動物は追いかけ回さずに見守ろう
  • Bishop and Clarkもいいらしい!

  

宿泊-ウォンバットヘブン

この日がウォンバットづくしの一日だった理由。

マライアアイランドでみたウォンバットたちに加え、その日に宿泊したのは、旅を計画する前から泊まってみたいと思っていたウォンバットの赤ちゃんがいるAirbnb!!

 

その名もウォンバットヘブン(Wombat Heaven)

abnb.me

☝Airbnbをこれから登録する方はこちらから登録するとディスカウントもらえますよ^^

 

場所はホワイトビーチというところ、有名なポートアーサーまで車で30分くらいのところです。

 

※ホバート→マライアアイランド→ホワイトビーチだと効率悪い移動なのですが、天気予報やどこに時間をかけるかということを考えた結果、このような行程になりました。

 

ウォンバットヘブンの活動

主に交通事故で死んでしまった母親ウォンバットのお腹の袋の中から赤ちゃんウォンバットを助け出し、ある程度大きくなるまで育てて森にかえしているそうです。

f:id:kimaguletter:20190802114640j:image
f:id:kimaguletter:20190802114703j:image

タスマニアを運転していると本当にたくさんの動物が車にひかれて死んでいる・・・

そんな背景から生まれた保護活動なんですね。

夜行性の動物が多いので、できる限り夜の運転は避けたいところ。

 

ちなみに!ウォンバットのお腹の袋の入り口はお尻側についているそうです!

カンガルーとは反対。知らなかった―

ウォンバットの小さなかわいいシッポも見れました^^

写真なくてすみません。

 

お部屋

f:id:kimaguletter:20190719081551j:image

天蓋付きのかわいいお部屋!

写真はないのですが、シャワーやトイレも専用でベッドルーム横にあります。

ヒーターもちゃんとあったので、寒い冬でもぐっすり眠ることができました!

ホバートでのホステル生活の後だったので、かなり極楽な一泊!

 

朝ごはん

 f:id:kimaguletter:20190719081547j:image

ウォンバットヘブンは朝食付き!

長旅しているとごはんが適当になってしまうので、これは嬉しかった~!

前日に食べれないものがあるかなども聞かれたので 、ベジタリアンやアレルギーのある方も安心かと思います^^

 

宿周辺

ホストとのやりとりで、たくさんおすすめを教えてくれたのですが、私は残念ながらあまり時間がなかったのと当日雨だったので、周辺散策はできませんでした・・・

 

でもホワイトビーチという場所なので、もちろんビーチが近い!

雨でしたが、見た感じはとても素敵なビーチでした!

 

ポートアーサーに近いので、時間があればホワイトビーチあたりも散策したかった!

 

abnb.me

 ☝Airbnbをこれから登録する方はこちらから登録するとディスカウントもらえますよ^^

 

 

まとめ

効率よく回るために計画した日程。

たまたまウォンバットづくしの一日になりましたが、タスマニアらしい旅の一日を過ごせてとても満足でした!!

f:id:kimaguletter:20190802114731j:image

 

あの可愛さ!本当に癒しです^^