きまぐレター

ワーホリ3か国目 Over 30's ライフブログ

もうビニールのガサガサ音で悩まない!モンベルのコンプレッションスタッフバッグ(圧縮袋)が旅のパッキングで大活躍!

長年ビニール製の透明な圧縮袋で、旅をしてきたたーらです

今回ニュージーランドに来るにあたり、パッキングについていろいろ調べていたら、ビニール圧縮袋に代わる良さそうなものを見つけたので購入してみたら思ったとおりすごくいい!!

大満足だったので、ご紹介します!

 

 

モンベルコンプレッションスタッフバッグ

f:id:kimaguletter:20181030145005j:plain

商品情報

スリーピングバッグと着替えなどを一緒に詰め込み、収納サイズを小さくできる便利なスタッフバッグです。出し入れ口が大きく開くので荷物の収納も簡単です。独自の構造で強い力を必要とせず、ベルトだけでなく面で圧縮するため、スマートな形状に収めることができるのも他の圧縮袋にない特徴です。

仕様

【素材】70デニール・ナイロン・リップストップ

【重量】85g

【カラー】ブラック(BK)

【サイズ】φ25×37cm 

 【画像&引用:モンベル | オンラインショップ | コンプレッションスタッフバッグ Sより】

 

 

 

パッキングのビフォーアフター

f:id:a7snotes:20180719000715j:image

私はスーツケースにSサイズのコンプレッションスタッフバッグを3つ入れて使っています!

 

見た目すっきり!

スペースに余裕もできるので、まだまだ入ります!が、重量制限に注意です・・・笑

 

使い方

f:id:a7snotes:20180720080831j:image

大きさ比較のため、ボールペンを置いてみました。(Sサイズ)

きんちゃくのようなバッグに、圧縮するための3本のベルト、底を締めるひもとバッグの口を締めるひもがついています。

f:id:a7snotes:20180719000724j:image

私は、結構テキトーに服をつめこみます。笑

f:id:a7snotes:20180719000700j:image

これはバッグの口のひもだけ軽く締めた状態。

f:id:a7snotes:20180719000706j:image

次に底のひもを締め、下→真ん中→上という順にベルトを締めていきます。

これを数回繰り返し、きつく圧縮していきます。

 

f:id:a7snotes:20180719000730j:image

できあがったのがこんな感じ。力のある人はもっと小さくできるんじゃないかと思います。

超カンタン!

 

f:id:a7snotes:20180719000715j:image

 ☝89Lの大型スーツケースに入れたとき。
私はスタッフバッグを3つ持っているので、あと2つ入れてから間をほかの物で埋めていきます。

 

f:id:a7snotes:20180719000751j:image

 ☝26L のバックパックにもすっぽり!

1~2泊くらいのときはこんな感じで使っています。そのまま詰め込んだ場合よりも、まだ空間に余裕があります!!

 

私が感じるメリット・デメリット

メリット

  • ガサガサ音がしない!(バッパーなどでほかの人と部屋をシェアするときに、夜でも荷物を静かに開けられるのでめちゃめちゃいい!!)
  • 一度圧縮したら膨らむことがない(ビニール製は空気が逆戻りすることがある)
  • 丈夫
  • 中身が見えないので下着とかもそのまま圧縮!(ブラは型崩れするので別・・・)
  • 力入れずに圧縮できる
  • 見た目がシンプルですっきり(スーツケース開いてもあんまり恥ずかしくない)
  • 筒形なので、分厚い服も圧縮できるし寝袋も入れれる(私は寝袋入れたことないけど)

デメリット

  • メリットでもあるけど中身が見えないので、何を入れたか忘れる。笑

くらいしか思いつかない!

 

まとめ

空気圧縮袋のガサガサ音と空気の逆戻りに困っている人には超おすすめです!

私はこれに出会えてパッキングが快適になりました☺

Sサイズでもかなり服が入るので、Lサイズを1個買うよりは個人的にはSサイズを数枚買って、分別して入れたりするのがおすすめです!