きまぐレター

人生最後のワーホリ中。旅とか暮らしとか、どうでもいいこととか。気まぐれに更新中。

3泊4日!ミルフォード・サウンド(世界遺産)&ダウトフル・サウンドを両方楽しむ旅

f:id:kimaguletter:20181010172844j:plain

3泊4日で、ニュージーランドを代表する絶景がみられる2か所に行ってきました

 

今回わたしが体験したのは、

 ☝クリックすると私が体験した記事に飛びます☝

 

初めはミルフォード・サウンドのことしか知らなかったのですが、以前に出会ったドイツ人の女の子にダウトフル・サウンドおすすめだよと言われたので気になっていました

どちらかしか行けないかなと思っていましたが、うまく計画を立てられて両方行けたので、旅の記録をしていきたいと思います

 

今回は、旅の概要の巻

 

 

ミルフォード・サウンドとダウトフル・サウンドの場所

f:id:kimaguletter:20181010085213j:image

ニュージーランド南島の南西部(赤で囲んだところ)

 

☟より詳細マップ

f:id:kimaguletter:20181010084643j:image

青=ミルフォード・サウンド

緑=ダウトフル・サウンド

黄=テアナウ

 

クイーンズタウンからテアナウまでは車で約2時間

 

ミルフォード・サウンドとは

f:id:kimaguletter:20181010152003j:plain

ミルフォード・サウンド (Milford Sound) はニュージーランド南島の南西部のフィヨルドランド国立公園に位置するフィヨルドテ・ワヒポウナムの一部としてユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。別名として、ピオピオタヒ(Piopiotahi、マオリ語で「一羽のツグミ」)と呼ばれる。

ミルフォード・サウンドはウェールズにあるミルフォード・ヘーブンにちなんでつけられた名前である。ミルフォードサウンドを最初に発見したジョン・グロノの生まれ故郷である。

【引用:ミルフォード・サウンド - Wikipediaより】

 

 

私のクルーズ体験の記事はこちら☟

www.kimaguletter.net

 

ダウトフル・サウンドとは

f:id:kimaguletter:20181010152254j:plain

ダウトフル・サウンドDoubtful Sound)は、ニュージーランド南島の南西端にあるとても大きくて人目をひくフィヨルドであり、より小さいが、より到達が容易なミルフォード・サウンドの近くにある。ダウトフル・サウンドは、ニュージーランドの観光地としてミルフォード・サウンドに次いで有名なフィヨルドである。

【引用:ダウトフル・サウンド - Wikipediaより】

 

 

私のカヤック体験の記事はこちら☟

www.kimaguletter.net

今回の旅の日程

1日目: テ・アナウまで5時間のドライブ

2日目: ミルフォード・サウンドでクルーズ

3日目: ダウトフル・サウンドでカヤック

4日目: テ・アナウから帰宅

 

※2日目と3日目がメインなので別記事で詳細ご覧ください

宿泊はテ・アナウ(Te Anau)

3泊4日、全日程をテ・アナウという町に泊まりました

ミルフォードとダウトフルの中間地点、どちらも行くならとても便利な場所だし、テ・アナウの町自体も湖がきれいでのんびりとしていて、滞在を楽しめました

私が泊まったのはTe Anau Lakefront Backpackers(テ・アナウ レイクフロント バックパッカーズ)

久しぶりのバックパッカーでしたが、結構きれいな施設だったし、町の中心部までも歩いていける立地だったのでおすすめです!

 

バックパッカーについて書いた紹介記事はこちら☟

www.kimaguletter.net

 

利用したツアー会社

f:id:kimaguletter:20181010105258j:image

私はGo Orange(ゴーオレンジ)という会社のツアーを申し込みました

Go Orange NZ I Rafting, Jet Boat, Great Walks, Cruise, Kayak, Ski & Board, Queenstown NZ

 

選んだ理由は大手のReal Journey(リアルジャーニー)やSouthern Discoveries(サザンディスカバリーズ)のツアーより手ごろな値段設定だったから!

 

安いですが、全日程で出会ったスタッフの人たちみんなフレンドリーだったし、特に問題もなく、楽しめたので私は大満足です!

 

※ちなみに私はサザンディスカバリーの日本語スタッフの求人に応募したことがあるのですが、来年の4月ごろまでビザがないと採用できないと言われ落ちました・・・

 

ミルフォードサウンドは、車があるのでテ・アナウから自分で行くこともできたし、バスでの送迎なしだと45ドルとかなり安かったのですが、テ・アナウからミルフォードまで2時間弱かかるので往復のガソリン代と自分で運転しなければならない労力を考えるとバスツアーがいいと思い選びました

 

これは選んで正解でした!

バスで隣になった人と話したり、ガイドさんの説明聞くこともできたし、帰りのバスでは寝れたし。笑

 

ダウトフルのカヤックも同じ会社で申し込みました

泊まっているバックパッカーの前まで迎えに来てくれたし、水着の上に着るサーマルスーツやレギンス、防寒のためのフリースや防水ジャケットなどほとんど準備してくれました!

 

Go Orangeは他にラフティングや泊まりのツアー、クイーンズタウンでのツアーもあるみたいです

日本語ツアーはおそらくないけど。。

もしまた機会があればこの会社のツアーに申し込みたいです

 

 

まとめ

今回は旅の概要の巻!

ミルフォード・サウンドもダウトフル・サウンドもそれぞれに違った魅力がありました

 

ミルフォードはやっぱり圧倒される絶景でした

ダウトフルよりも行きやすいので人は多めでしたね

 

ダウトフルはボートに乗らないとたどり着けないし、手付かずの自然と静けさが印象的でした

 

どっちも行く価値ありです!!

私が体験したツアーについてもう少し詳しく別の記事で紹介しています!!

 

クルーズとカヤックの記事は下記☟

www.kimaguletter.net

 

www.kimaguletter.net