きまぐレター

人生最後のワーホリ中。旅とか暮らしとか、どうでもいいこととか。気まぐれに更新中。

【アクティビティ①】世界遺産!ミルフォード・サウンドでクルーズ

f:id:kimaguletter:20181010173120j:plain

 

3泊4日でミルフォード・サウンドとダウトフル・サウンドを巡る旅

 

今回は世界遺産のミルフォード・サウンドで体験したクルーズの巻です

 

 

テ・アナウ~ミルフォード・サウンドのバス

前回の記事で、Go Orangeという会社のツアーに参加したと書きました

 

前回の記事はこちら☟

www.kimaguletter.net

 

私はテ・アナウからの送迎付きを選んだのですが、料金は99ドル(7,300円くらい)でした

バス自体はクイーンズタウン(以下QT)からスタートしているようで、テ・アナウからは3人くらいの乗車だけ

全部で50人弱の乗車と言っていたので、ほとんどがQTからの参加でした

 

テ・アナウでのピックアップ予定時間が朝の9時30分

集合場所はテ・アナウの中心部のおみやげやさんだったので、朝はわりとゆっくりバックパッカーを出てきました

ここではQTからのお客さんのトイレ休憩があったので、実際に出発したのは10時前だったと思います・・・

 

バスはほぼ満席で、とりあえず目についた空席の隣に座っている人に空いているか尋ね、席につきました

 

隣の人はオーストラリアから来ていた同年代の男性で、サモアに旅行予定だったのにキャンセルになったから旅行会社が提案した選択肢の中からニュージーランドを選んだと言っていました

そんな感じで隣の人との会話も楽しみながら、約2時間弱のミルフォードまでのバスの旅

ドライバー兼ガイドのおばちゃんは、バスから見える景色の説明やミルフォードの歴史などを説明してくれていましたが、ほぼずーっとしゃべり続けながら運転!

すごい!!笑

 

しかし、久しぶりにニュージーランドのくねくね道を人の運転で移動したので、若干の車酔いでした・・・

普段は自分で運転するし、結構なスピードも出てたからな~

 

フィヨルドランド国立公園

ミルフォード・サウンドはフィヨルドランド国立公園内にあります

公園内にはいると、保護された大自然が目の前に!

バスは途中いくつかのポイントで止まってくれて、バスから降りて写真を撮ったりもできました

 

f:id:kimaguletter:20181010163014j:plain

キアと呼ばれる鳥

ガイドさんは世界一賢い鳥と言っていました

いたずら好きなようで、車のワイパーのゴムたべちゃったりとか、いろいろ壊すそうです・・・かわいい顔して。笑

 

f:id:kimaguletter:20181010163248j:plain

ボート乗り場に行く途中に片側通行しかできないトンネルがあるのですが、7分くらいの信号待ちの間に撮った景色

ボート乗船

ここからは景色を楽しむのみです!

 

f:id:kimaguletter:20181010163626j:plain

出発前のボートから

 

f:id:kimaguletter:20181010163801j:plain

滝がたくさん見れます

 

f:id:kimaguletter:20181010163951j:plain

2か所くらい、滝のすぐ近くまでボートを近づけて見せてくれました

近づいたら濡れますが、濡れたくない人はボートの中にいれば大丈夫です

 

f:id:kimaguletter:20181010164124j:plain

はじめは曇っていてちょっと小雨を感じることもあったけど、後半は青空も見えました!

外に出ていると風が強いので、暖かい服装と日焼け止めは必要ですね

と言いながら私は日焼け止め持ってくの忘れました・・・笑

 

この時は見れなかったのですが、運がよければイルカがみれるそうです!

今回はアザラシが岩の上で昼寝しているのがみれました

 

再びバスに乗って帰路

思いっきり絶景を楽しんだクルーズが終わると、すぐにバスに乗り込んで帰路へ

バスはまたQTまで戻らなければならないので、クルーズのあとはあまりゆっくりみる時間はありませんでした

ボート乗り場の近くにショートハイクできる場所もあるみたいなので、興味のある人はレンタカー借りたりしたほうがいいかもしれないですね

 

帰りのバスは、行きと打って変わってドライバー兼ガイドさんはほとんどしゃべらず。。笑

行きよりも速いスピード(に感じた)で急いでいました

私はほとんど寝ていましたが・・・

あっという間にテ・アナウ

ついたのは確か5時前くらいだったと思います

まだ明るかったので、テ・アナウの湖の横を散歩しながらバックパッカーへ帰りました

 

まとめ

約2時間のクルーズ、ほとんどボードの甲板に立って景色を観ていました

寒かったし疲れたけど、この壮大な景色を見逃したくない!っていう思いでしたね

 

曇っているときも太陽が出ているときも、どちらも絶景。

毎日違った景色がみれるんだろうな~

同じ景色の日なんてないんだろうな~って思います

 

個人的にはテ・アナウからのバスツアーに参加して正解でした

車を持っているので最近は1人で観光ばかりしていましたが、ガイドさんの説明も聞けたし、バスで隣の人と話す機会があったし、全体的なスケジュールにも余裕があったし、満足です!!

 

また行きたいし、今度はミルフォードトラックのハイキングがしたい!

 

 

www.kimaguletter.net