きまぐレター

ワーホリ3か国目 Over 30's ライフブログ

不思議なまあるい巨大岩!モエラキボールダーズをみてきました

お仕事が急にお休みになった先日、何かおもしろい場所ないかな~と探していたらモエラキボールダーズ(Moeraki Boulders)という巨大な岩があるビーチがあることを知り、さっそく見に行ってきました!

 

 

場所

 ダニーデンからだと車で1時間くらいです

 

巨大岩が並ぶビーチ

じゃん!!!

f:id:kimaguletter:20181115133402j:image

まるい!でかい!


f:id:kimaguletter:20181115133408j:image

そして岩が並んでいる!

不思議ですよね~

f:id:kimaguletter:20181115133356j:image

ふと海と反対側をみると、土に埋まっている岩もありました!


f:id:kimaguletter:20181115133413j:image

これらの岩は広いビーチのあるエリアにかたまってあるのですが、ビーチに行けば人がたくさんいるのでどこにあるかすぐわかりました!

 

アジア系の観光客の人が多かったです

みんな写真を撮るのに夢中!

インスタ映え!!笑

 

なぜ丸い?

オアマルの南40kmの場所にあるモエラキには、不思議で巨大な丸石が海岸のいたるところに転がってい、砂岩の崖から今にも出てきそうな状態のものもあります。丸石ひとつの重さは数トン、大きいものでは高さ2mにもなります。 マオリの伝説によれば、これらの巨石は、1000年ほど前にニュージーランド沿岸で座礁した大カヌー船アライテウル号から岸に打ち寄せられたヒョウタンだと言われています。 科学者は、これらの丸石は約6500万年前に形成された亀甲石凝固であると説明しています。真珠ができる過程に似て、核となる荷電した微粒子の周囲に水晶化したカルシウムと炭素物質が徐々に集積し、約400万年の歳月を経てこの丸石が形成されました。 これら丸石を含む軟らかい泥石地層は約1500万年前に海底から隆起し、その後、風や雨、海の浸食作用によって泥石が洗い流され、浸食されない丸石だけが後に残されたのです。 

【引用:モエラキ・ボールダーズ | ワイタキ, ニュージーランド

 

確かに、岩の表面がカメの甲羅のような模様になっているものもありました!

 

まとめ

なんとも不思議な岩!

すごーく長い月日があの形を生み出しているんですね~

 

ビーチも広かったので歩いていて気持ちよかったです!

今度、日没あたりの時間にまた行って夕焼けと一緒に写真撮りたいな~