きまぐレター

ワーホリ3カ国目ギリホリ女子の旅ブログ。

海外から情報収集。日本や自分のことを知る機会が増えた

f:id:kimaguletter:20181102100415j:plain

 

海外に出ると日本のことがよくわかるとたまに聞きますが、個人的にはそうだと思います

 

海外で異文化に触れたから日本との違いについて知ったということももちろんありますが、ここでは比較文化ではなく情報収集について触れたいと思います

ちなみにインターネットが使える環境にいることが前提のお話です・・・

 

 

無意識的に触れている情報

日本では普通に生活しているだけで、いろんな日本の情報が日本語で入ってきますよね

自分で考えなくても、テレビをつけていたら日本語が聞こえてきて、意識していなくても実は知らず知らずのうちに耳では聞いています

そしてなんとなく聞こえてきたものに、積極的ではないのに意識が持っていかれることがたくさんあります

 

自分が必要とする情報と同じくらいどうでもいい情報が勝手に入ってくるので、本当に必要な情報を自分にインプットするのに私は労力を使っているような気がしていました 

というか、それに気づいたのは私がワーホリで海外に出てから。

 

海外にいる時のほうが日本のことを知ろうとしている私

海外生活に慣れてくると余裕ができて、日本のニュースをスマホでチェックしたり、ツイッターで情報収集をはじめました

 

気になる情報があると、そこから派生して気が済むまで調べる

 

海外にでると、自動的に入ってきていた日本の情報が一旦遮断されます(日本のテレビは見れないし、広告とかもないし)

その状況で、自分が気になる日本の情報を自分で取りに行くと、理解しやすくなるし印象に残る

 

自分の関心事が明確になる

私はあんまりテレビは観ないほうですが、バラエティやくだらない番組もたまに見るのは好きです

ちなみにカナダでワーホリ時代、無性に日本の番組が観たくなって、私がYouTubeで観まくっていたのは「水曜どうでしょう」笑

日本にいるころは観たこともなかったのに、一時期部屋にこもって観ていました

旅が好きな私ですが、あんな感じのゆるさが好きなんです

 

そう、この番組は自分の好きだから選んで観てました

日本にいるときになんとなくテレビをつけて流れてきたから見たのではなくて、好きだから。

 

選んで自分で取りにいかないといけない状況だからこそ、自分の「好き」に気づく

 

選んで情報を取りにいくと頭に残りやすいし、自分の関心のあることなんだと認識できるので、日本で同じように情報を得るよりも頭が整理されている感じが個人的にはします

 

ちなみにテレビだと、その時の旬なニュースがどの番組でも延々と流れて、チャンネル変えても同じ内容だったりしますよね 

実はもっと他の重大な隠れた情報やニュースがあるのに、自然と入ってくる情報のほうに気を取られてしまうことが多いですが、実はこれはメディアの戦略に引っかかっている可能性もあります・・・

 

だから自分で取りにいかないと日本の情報が入ってこない今の状況のほうが、日本の政治とか出来事についてより情報収集できているなと、自分では感じています

 

まとめ

あたりまえですが日本でも情報収集はできるし、日本のことは日本で調べたほうがよかったりするほうが多いと思います

また、自分で意識的に情報収集できる人ももちろんたくさんいると思います

 

でも私は、日本とは勝手が違う海外という環境で主体的に積極的にならないと行けない場面が出てくる、そういうことの積み重ねの中で、日本のことや自分のことを知る機会がたくさんあるなと気づかされます