きまぐレター

ワーホリ3カ国目ギリホリ女子の旅ブログ。

大きなことを言う必要はない。表現することを恐れなくなると表現の選択肢が増えた。

f:id:kimaguletter:20181130083017j:plain

表現方法っていろいろありますよね。

その人から発せられるものはすべて、その人を表現するものなのかな。

 

このブログをはじめたのは・・・

ブログでお金つくるぞー!

借金かえすぞー!

って気持ちもあるのですが、もちろん私の表現の場にもなっています。

 

ちなみに借金記事についてはこちら☟

www.kimaguletter.net

 

表現することがこわかった昔

わたしは自分を表現することが苦手でした。いや、今でもまだまだ苦手です。

絵をかくのも、歌をうたうのも、文章をかくのも・・・

それ自体が苦手というよりは、人前でそれをしてどう思われるかがこわかった。

でも、最近はだいぶ克服している気がします・・・

なぜかと考えてみたら、やっぱり海外に出たことが大きな理由かな~と思っています。

 

小さなことでも表現することを恐れない人たちに出会う

海外にでていろんな人に会いました。

そしていろんな話をします。

 

「得意なこと」や「夢」についての話もでてきます。

これ、わたしが一番苦手な話題。

はずかしいから言えないとかじゃなくて、本当に思いつかなかったのです。

 

わたしのなかでは

  • 「得意なこと」=人よりも優れていること
  • 「夢」=なりたい職業とか・・・

けっこうこういうイメージの人多いのではないかなーと思うのですが。

 

でも、そんな話題のなかで海外の友達が言ったのは・・・

  • 「私の夢は〇〇〇(国)に行くこと」
  • 「スペイン語勉強すること」
  • 「旅をつづけること」

とかだったのです。

 

私の中では結構、衝撃でした!!

そして、「そっか~。大小関係なくやりたいことを何個も考えていいんだ~」みたいな、私のなかのブロックが一個消えた感じ。

 

「それだったら、私も夢あるよ~」みたいな感じで話が続いたのをおぼえています。

 

その人からしたら大したことない話題だったのかもしれないけど、あの経験は私にとっては視界が開けた!みたいな瞬間でした。

 

 

やっていることを人に話す、見せる

目からウロコの経験をしたのですが、簡単に変わるわけではありません・・・

ただ海外生活をかさねていくうちに、人に表現する勇気が出てくる場面がたびたびありました。

 

それは・・・みんな褒めてくれるのです

 

ちょっとしたことでも、「いいね」って言ってくれるし、日本人らしく(?)謙遜したら怒られたこともありました。笑

 

あと、人と比べるのもなんですが、そんなに上手くない絵をみんなに自慢している人を見て(失礼。笑)、「あれなら、自分にもできる!」みたいな自信が持てたことも。

 

本当はできるのにそれを隠していて、他の人が同じことをやってみせて人気者になり、「私もできたのに・・・先に言っておけばよかった」みたいなこともあったりなかったり。笑

 

言ったもん勝ち、やったもん勝ちな場面ってたくさんありますよね。

できるのにやらないで後悔するのはもったいないな~と気づきました。

 

ブログはじめる

今までのわたしだったらこっそりはじめて、うまくいきだしたら人に伝える、みたいな見栄っ張りでした。

でもこのブログを始めたことは数人には伝えました。

同居人たちも知っていて、「これブログに書きなよ!」って言って協力してくれたり。笑

(たとえば先日のパースニップスープの記事とか。)

 

試行錯誤しながらも表現することを始めてみると、だんだん他の表現方法も気になりだします

 

結果、ブログを始めてもうすぐ3か月ですが、ブログのほかにツイッター、インスタグラムもやっていて、あとはウクレレの練習をちゃんとはじめたり、ウクレレ弾きながら歌もうたうし、絵も描き始めるし、いまは動画も撮ろうかなんていう話が身近な人たちとの間ででています。

 

なんか、ここまでの流れがものすごく早いのです!

たった3か月の間に表現方法がいろいろ飛び込んできました。

 

ブログはじめてみるまでは、本当になにもしてなかったので劇的です。

 

まとめ

何ができるかなんてわからないけど、ちょっと気になることをはじめて少し続けてみると、他のことが見えてくるようになるんだな~と実感。

 

今は、「手あたり次第」な感じがありますが、今後もしかしたら「これだ!」と思えるものに出会えるかもしれません。

想像するとわくわくです!

 

完全にパクることさえしなければ、「オリジナル」をつくることはそんなに難しいことではないのかも・・・

 

継続しつつ、小さな自信、小さな情報発信をつみかさねていこうと思います。