きまぐレター

ワーホリ3カ国目ギリホリ女子の旅ブログ。

湖のむこう側はアメリカ!ワーホリでカナダウォータートンレイク国立公園で働いた話

私がカナダでワーキングホリデーをしていたときに最後の4ヶ月を過ごした、ウォータートンレイク国立公園のご紹介です。

規模は小さいけど、有名なバンフやジャスパーにも負けない大自然が広がっています。

 

日本人少なめ。

英語環境にも大自然にもどっぷり浸かって働くなら、ここはかなり穴場です!

 

 

ウォータートン・レイク国立公園ってどこ?

 

ウォータートン・レイク国立公園(Waterton Lakes National Park)はカナダアルバータ州 カルガリーから南へ車で約3時間

アメリカとの国境をまたぐ湖の横にタウンがあります

 

f:id:kimaguletter:20181109065609g:plain

 

小さいながらも美しいウォータートン・レイク国立公園はロッキー山脈にある一番小さい国立公園です。しかし、あらゆる場所で息をのむような美しい景色に出会えます。 ここだけの体験:この国立公園は、ユネスコ世界遺産、国際平和公園、ダーク・スカイ保護区、生物圏保護区をすべて訪れることができる唯一の場所です。 冬のささやき声:冬は静寂に包まれます。スノーシューを1日楽しんだ後、ロッジでデジタル機器の電源を切って静かにくつろぐのにぴったりです。

【画像・引用:】https://www.travelalberta.com/jp/places-to-go/national-parks/waterton-lakes-national-park/

 

f:id:kimaguletter:20181109091442j:plain 

 

ウォータートンレイクの魅力

レイク(湖)

f:id:kimaguletter:20181109095914j:plain

f:id:kimaguletter:20181109091929j:plain

 f:id:kimaguletter:20181109091624j:plain

 

パーク内には、すぐ目に飛び込んでくるアッパーレイクのほかにも、トレイルを数時間歩かないとたどり着けないレイクが数多くあります

 

f:id:kimaguletter:20181109100141j:plain

何時間も山道を歩いて突如あらわれるレイクにはやっぱり興奮しますね!

山の中で出会う水場は気持ちを開放してくれるオアシスのようです

 

トレイル

タウンを訪れるだけでも綺麗なレイクと山々の風景を楽しめますが、時間のある方はぜひハイキングしてもらいたいです!

f:id:kimaguletter:20181109091535j:plain

 

日帰りできるコースや数泊して歩くコース、国境を越えてアメリカまで入り戻ってくるコース、ボートでレイクを渡った先にあるコースなど、さまざまな自然環境を楽しめるコースが盛りだくさん!

f:id:kimaguletter:20181109100312j:plain

f:id:kimaguletter:20181109092016j:plain 

タウン中心部からシャトルバスで登山口まで行けたりするので、タウンに泊まっていろんなコースを楽しむのはおすすめです!

野生動物

小さくてもカナディアンロッキー!

f:id:kimaguletter:20181109100457j:plain

f:id:kimaguletter:20181109095217j:plain

f:id:kimaguletter:20181109095310j:plain

バンフやジャスパーなどで見られる動物は、もちろんウォータートンでも出会う可能性は高いです!

 

熊も何度も見ているのですが、写真は残念ながらありません・・・

ハイキングの際は、熊対策など万全の準備をしてくださいね

f:id:kimaguletter:20181109092700j:plain

 

ちなみに私がウォータートンで熊に遭遇した話はこちら☟

www.kimaguletter.net

 

ワイルドフラワー

f:id:kimaguletter:20181109093546j:plain

 

ウォータートンは、初夏にワイルドフラワーがたくさん見られることでも有名で、それを求めてくる人もたくさんいます

 

ワイルドフラワーをガイドさんが解説してくれるツアーなどもありますので、気になる方は見ごろをチェックするのもおすすめ

 

f:id:kimaguletter:20181109092534j:plain f:id:kimaguletter:20181109094622j:plainf:id:kimaguletter:20181109092103j:plain f:id:kimaguletter:20181109092212j:plain f:id:kimaguletter:20181109092235j:plain f:id:kimaguletter:20181109092228j:plain f:id:kimaguletter:20181109092140j:plain f:id:kimaguletter:20181109092427j:plain f:id:kimaguletter:20181109092415j:plain

 

めずらしい花を見ながら歩くのは楽しいですよ~

 

ウォータースポーツ

山だけじゃなくウォータースポーツも楽しめるウォータートン

カヌー・カヤック・パドルボード(SUP)などのレンタルもあります

 

f:id:kimaguletter:20181109093902j:plain

f:id:kimaguletter:20181109093824j:plain

f:id:kimaguletter:20181109091941j:plain

 

ガイドマップにはダイビングスポットもあるらしいですが、これはちょっとわたしは情報なしです・・・

 

日本人はほとんどいない

4か月ほど滞在しましたが、ウォータートンで私のほかに働いていた日本人はいなかったのではないかと思います

 

 

たまにお客さんで日本人の方を見かけましたが、それも1,2組・・・

 

圧倒的に日本人は少ないです

なので、英語環境に浸かりたい人にはホントおすすめ!

 

わたしの4か月

仕事・生活

わたしはパーク内にあるホテルのハウスキーパーをしていました

週5日シフト

1日11ドルのスタッフアコモデーション(寮)に滞在、当時の最低賃金でしたが、お金使うところがあまりないので、貯まりましたね~笑

 

車もないし、部屋にインターネットがなかったのによくがんばったな・・・

タウン内にはフリーWi-Fiスポットがいくつかあるので、それを利用しながらのりきりました

買い物は車持っているまわりの人に頼んだり、タウン内の小さなお店で買ったり(高いけど)

 

ちなみにスタッフアコモがないホテルもあるので、お仕事探す方は住むところがあるか必ず確認しましょう

 

休日

連続して取れる週2日のお休みには、ハイキングやウォータースポーツをして楽しみました!

というか、ここで働く理由はそれですよね

 f:id:kimaguletter:20181109100431j:plain

一般的にはカナダの国立公園は有料ですが、働いている人は出入り自由なのでハイキング好きにはやっぱりたまらない場所でしょうね!

 

山奥に閉じ込められてるようなものなので(笑)、自然を楽しめなければ、ここでの住み込みのお仕事はツライだけだと思います・・・

一番近い町、ピンチャークリークまでも車で45分。。

 

まとめ

f:id:kimaguletter:20181109091731j:plain

 

いかがでしたか?

 

観光にもワーホリにもおすすめのウォータートン

載せたい写真がありすぎて、全部お見せできないのが残念です・・・

 

冬場はほとんどのお店が閉まってしまうので、お仕事は夏の募集がメインだと思います

3月終わりごろからちらちら募集が出始めると思うので、気になる方はぜひチェック!