きまぐレター

人生最後のワーホリ中。旅とか暮らしとか、どうでもいいこととか。気まぐれに更新中。

熊鈴は効果なし?カナダの国立公園で働いた私がレンジャーから聞いた熊対策と私が熊に遭遇しちゃった話

f:id:kimaguletter:20190816151814j:plain

 

今回はカナダでワーホリで経験したお話。

 

カナダワーホリ最後の4か月は、カナダアルバータ州にあるウォータートンレイク国立公園内のホテルでハウスキーパーとして働きました。

カナダアルバータといえばバンフやジャスパーなどが有名ですが、ウォータートンも負けないくらいの大自然と野生動物のあふれる素敵な国立公園です。

 

ハウスキーパーのお仕事がお休みの日は、ハイキングやウォータースポーツなどを楽しみました

カナダの国立公園は有料ですが、働いている人は出入り自由です

しかもそこに住んでいるので、大自然に囲まれて絶景を楽しみたい方はおすすめですよ!

 

ちなみにウォータートンは日本人がほとんどいないので、当時その国立公園で働いていた日本人は私だけだったんじゃないかと思っています

タウン自体は小さいので、日本人いたら会っていそうだし・・・

なので、日本人コミュニティを避けたいワーホリの方にもおすすめかな~と思います

と、ウォータートンの魅力を語りだしたら長くなるので、それはまた今度。

f:id:kimaguletter:20180910115928j:plain 

 

今回は熊対策について!

あと、私がウォータートンでハイキング中に熊に出会っちゃったお話もありますよ~笑

 

 

熊鈴


mont-bell(モンベル) 熊よけ鈴 トレッキングベル ラウンド クローム 1124442-CHROM

 

実はウォータートンで出会ったレンジャーが熊対策についてこんなことを言っていました

 

『熊鈴はあんまり役に立たない』

 

え?そうなの?

 

そのレンジャーが言うには、、、

熊鈴の音は小動物の鳴き声と勘違いされて、逆に近寄ってくる可能性があるのだとか。

 

なるほど

確かに鈴にもいろんな音があるし、小動物に聞こえなくはないかも。

 

じゃあどうすればいいの?

 

一番効果があるのは、人間のしゃべり声

 

なので、1人よりは数人グループでのハイキングのほうがよさそうですね

あとはラジオとか音楽も効果的らしい。

 

でも私は、山では自然の音を楽しみたい派なのでラジオとか聞くの嫌だな~。。

 

まぁ、熊鈴の効果がないかどうかは正直わからない気がしたので、熊鈴に頼りすぎないのが一番大事なのかなと思いました

 

熊スプレー


熊撃退スプレー 中型 ホルスター付 (全国の複数の国公立機関・地方自治体正式採用品) B-609-CS

 

私は実際に熊に対して使ったことはないですが、安心材料として持っておくのはいいなと思いました

高いので持っていませんが、友達に借りてハイキングしたことはあります

まぁ1万円くらいで命守れるなら安いですけどね

 

ちなみにカナダで一緒に働いた中国人の子と一緒にハイキングに行く前のできごと

スプレーがちゃんと使えるか試すために何を思ったのかその子がいきなり噴射したのです!!

 

私は風上にいたけど、噴射した本人が風下にいて・・・

すぐに逃げてたけど、若干スプレーを浴びてしまい、息が苦しいと涙を流してしばらく動けないということがありました。

 

ちなみに熊スプレーの中身は唐辛子の成分カプサイシンです・・・

 

うん、熊スプレーすごそう!!笑

だいたい10mくらいから使えると書かれていたりしますが、確かに飛距離もかなりあったと思います

 

でも使い方を間違えると自分がやられてしまいますので、ホントに注意!!

特に風の向きに気をつけましょう。。

まぁ、なかなか試せる機会もないし、見れてよかったかも。笑 

 

私が熊に遭遇した話

こんな熊対策の話を書いている私ですが、実はこのウォータートンで1人でハイキングしていたときに、グリズリーベアにあと100mぐらいの距離に接近し危機一髪だったことがあります。。。

 

状況としては、小雨の中一人でトレイルを歩いていました

雨がちょっと強くなってきたので、レインジャケットのフードを被ろうとしたときに、フードのゴムに手が引っかかって「パチンっ」って音がしたんです

 

そのとき約100mくらい前方の草むらの中から

ガサガサガサガサ

 

と音がしたのでそちらに目をやると、大きなお尻が3つくらい山のほうへ向かって逃げていくのが見えました・・・

 

その瞬間、一気に血の気が引いてしばらくしてから心臓ドキドキ・・・

 

あれは熊だ

しかもお尻3つだったから3頭

でかくてあの毛の色はもしかしてグリズリー?

 

おそらくフードのゴムの「パチンっ」って音にびっくりして逃げて行ったんだと思います。

私は雨で霧がうっすらかかっている中一人で歩いていて、まったく気づかなかった。

「パチンっ」に助けられました。

 

その後は、友達から借りていた熊スプレーをいつでも噴射できるように片手に持ち、大きな声で歌を歌ったり、姿の見えない熊さんたち「おじゃまします、この道通してね~!!」とか話かけて下山しました。笑

 

しかし、そんなときに頭に浮かんできたのは「森のくまさん」。笑

ホントにくまさんに出会っちゃったよ・・・

 

どうせ一人だし、人いても日本語わからないだろうと思い、恥ずかしさもなく必死でした。笑

 

まとめ

あそこで熊に襲われてたら、誰もいない山の中で行方不明になったって大騒ぎになって、見つかることもなかったかもとか考えると、事前の対策はホントに大事だなと思いました。

 

熊の生息地域に行くときは、万全の準備をしていきましょう

なるべくグループで行動したり、熊スプレーをいつでも出せるように準備して、音を出しながら歩くことをおすすめします!!

 

あと、食べ物の管理にも十分ご注意を~!